海外FX業者 世界最高峰のXM

(読み飛ばしの方はこちら)

#おすすめの海外FX業者

#国内FX業者と海外FX業者の特徴の違い

FXと出会ったときの心境

FXに興味を持ったのは割と最近です。
サラリーマンが生涯安泰であるという幻想が崩れ去り、安定した収入は自分で作るしかないんだと感じ始めてお金の事を学びはじめてから。

外貨と自国通貨を「両替」して、差額で利益を生むっていう手法の存在を知った。
日本人として生まれて、この時代に生きているってことは、どんなに幸せな事かも痛感した瞬間。

両替するだけ。1万円を両替して増えるなんて驚きしかなかった。

しかも、レバレッジって魔法も使える。勿論リスクもあるけど。
10万円の原資を100倍に見立てて取引が可能だなんて。(国内FX業者は最高25倍レバレッジ)海外FX業者だと、最高で3,000倍のレバレッジもかけれるところもあるし。(実際は使わないけど)

外貨っていろんな要素で変動する訳だけど、これまでの人生経験上の視線も無駄にはならないし、社会情勢にも興味が向くし。そもそも、お金というものの仕組みを学ぼうという気持ちになれた。実際に差金額で利益も生じていて、まだまだ初心者だけど「FX」に励んで楽しんでます。

海外FX業者 世界最高峰のXM

おすすめの海外FX業者

先輩トレーダーも推奨してくれて、実際に私も利用している海外業者。初心者でも利益を出しやすい高いレバレッジを採用、取得金融ライセンス面も安心できる業者(海外)だけを厳選。ランキング根拠は人気順。

1位 XM(XMtrading)

XM 公式サイトで更に知る

XMtradingは、シェア・知名度共にナンバーワンのFX業者です。追証無しと高レバレッジ888倍が最大の特徴です。

魅力的なキャンペーンも開催されていて、中でも口座開設で3,000円ボーナス(未入金ボーナス)は非常に広く知られています。

完全日本語対応しているサービスで、日本国内でも人気の高い海外FX業者のXM。入金後には入金額に応じて余力金が増えるプログラムやポイントが貯まるロイヤリティープログラムもあります。






XM 公式サイトで更に知る

2位 FBS(エフビーエス)

FBSの公式サイトへ行く

ロシア発、190か国、1,400万人以上が口座開設しているFX業者がFBS(エフビーエス)です。
最大3,000倍のレバレッジで取引ができ、口座開設で100ドルの無料ボーナスや100%入金ボーナスを受け取ることができます。

2015年の日本語対応と同時に、日本国内でも口座数が爆発的に増えた経緯を持つFBSが2018年より開始した「ロイヤリティープログラム」も魅力的です。

最小入金額100JPYから対応していて、MT4/MT5が用意されています。







FBSの公式サイトへ行く

3位 FXGT(エフエックスジーティー)

FXGTの詳しい情報を知る

FXGTは豪華なキャンペーンが話題で利用者が急増したことでも知られる、「ハイブリッド型」海外FX業者です。為替と仮想通貨を融合させた取引所。

最大500倍のレバレッジと132通貨ペア。複数持てるMT5口座も魅力の一つ。仮想通貨取引も可能です。

FXGTの社長はXMトレーディングの創業当時のメンバーという背景も。

今なら口座開設で3,000円ボーナス(未入金ボーナス)ももらえます。




 

FXGTの詳しい情報を知る

4位 GEM FOREX(ゲムフォレックス)

GEMFOREX口座開設で20,000円(証拠金)を受け取る

マニーパッキャオがブランドアンバサダーを務めることでも知られる、GEM FOREX(ゲムフォレックス)。ニュージーランド拠点の企業で、2010年に日本人によって設立。スタッフの4人に3人は日本人。

当時は「EA」のFX自動取引のGEM TRADE(ゲムトレード)としてスタート。その名残もあってか、口座開設を行うと「高性能EA」が無料で使い放題になります。

最大1,000倍のレバレッジで、口座開設(30秒で完了)すると30万口座突破記念で20,000円の証拠金を受け取ることができます!





GEMFOREX口座開設で20,000円(証拠金)を受け取る

いかがでしたか?

こちらにも国内業者よりもトレーダーに「利益」を出しやすいと書いたんですが、多くのキャンペーンはネガティブな要素が無くていいですよね。トレーダーが多くの取引をして業者の利益がはじめて生まれるので、当然と言えば当然でしょうか?ポイントは、トレーダーが幾ら稼いでも応援し続けてくれる事。

ポジティブを持つ際にも、証拠金に対して高レバレッジをかけれるので、大きな利益をそもそも生みやすいのも魅力だとおもいます。個人的には、日本人設立の第5位の「GEM FOREX」のEA(自動取引)無料使用無制限が気になり始めています!

 

世界で最も利用されているFXはXMその理由とは?

 

国内FX業者と海外業者の特徴の違い 圧倒的に利益を生みやすい理由とは?

国外と国内のFX業者の違いを一言でいうと「レバレッジ」が全く違うと言えます。日本では高レバレッジは危険と法律で規制。

先述の通り、日本にはFXに関する法律が存在しており、「レバレッジ高い=危険である」、という概念の元、最大レバレッジが25倍までと規制されています。(過剰通貨リスクと呼ばれる)

比べて海外FX業者には最大で3000倍のレバレッジが存在します。レバレッジが高いメリットは証拠金が少なくても大きな利益が見込めることにつきます。トレーディングの目的は利益を生む事ですから、レバレッジはトレーダーにとって非常に重要です。

 

例)レバレッジ100倍取り引きと仮定 (国内FXの最大レバレッジは15倍将来は10倍を見込んでいる*2020年1月の時点:金融庁)

1%の変動時→1ドル100円から1ドル101円。1%→100%(レバレッジ)になるので利益が2倍になる。逆に損失すると証拠金を失う。(証拠金以上は海外FXの方式では損失が出ない)

 

ここで国内と海外業者の取引内容方式にも違いがあるのでご説明します。

国内業者はDD取引(ディーリングデスクの略)です。

海外業者はNDD取引(ノンディーリングデスクの略)という根本的に違う取引を行っています。

  • DD取引(国内)→トレーダーの仲介にFX業者在籍の凄腕ディーラーがいる(実際には取引を行っていない場合が多い)
  • NDD取引(海外)→一切の仲介が無く実際にトレーダーの注文通りに売買をしている

上記の特徴から下記の様な現象が起きます。

  • DD取引→トレーダーの損失がFX業者の利益になる、自動売買(高速売買)は禁止されている場合がほとんどで利益になりづらい。
  • NDD取引→トレーダーの利益がFX業者の利益になる、自動売買も自由にやりたい放題で業者トレーダーの利益になりやすい。

DD取引(国内)は、乱暴な言い方を敢えて選ぶと競馬などの呑み屋行為の様な仕組みです。注文が入っても価値に変動の無い為替に対しては無視(呑み)行為をします。逆に相場が変動しそうな(当たりそうな)内容の注文には、実際に取引をして自社の財産を守り配当をトレーダーに支払います。つまり、大きな利益を支払うとFX業者の損失になるという理念が存在します。

競馬の呑み屋(非合法)が行っている、当たらないであろう馬券を実際はの、呑み屋が購入していないのと類似しています。当たり馬券にだけ倍率通りに購入者に金銭を支払って成立しています。外れ馬券購入時の残金は呑みます、これが利益となるのです。少々乱暴にご説明しましたが、簡単に敢えてご説明しました。

ゲムフォレックス社(海外FX業者) (NDD取引)

 

では対するNDD取引(海外)はといいますと、実際にトレーダーの注文通りに売買をします。スプレッドにFX業者利益を上乗せしてトレーダーにレートを提供する方式(STP)と、一取引ごとに手数料が掛かる仕組みである日本の株にも似ている電子取引所取引(ECN)方式がああります。

どちらも、トレーダーが取り引きをすればするほど取引所は利益が上がりますので、WinWinの関係性が成立しています。このことからトレーダには相性が良い(稼ぎやすい)といわれていますし、利益を上げることを現実的に応援してくれます。入金ボーナスや口座開設ボーナス、定期的なキャンペーンやウェビナーなどの情報共有とアドバイスがあるのは海外FX業者がほとんどです。

 

色々と書きましたがこの章の「国内FX業者と海外FX業者の特徴の違いとは?」の解を書くのであればズバリ一言「レバレッジ」です。そして証拠金以上の倍率で取引きできることがメリットと感じるトレーダーが多いのが現状のようです。

ハイブリッドFX 仮想通貨でも取引可能

 

#TOP

© 2020 海外FX業者 おすすめ業者はどこなの? rss